バナー
プロフィール

-ミスターポーゴ-

本名:関川哲夫(せきかわ・てつお)
生年月日:S26年2月5日
出身地:群馬県伊勢崎市
血液型:O型
身長:185cm
体重:130kg

デビュー戦:S47年3月30日 東京・足立体育館、対藤波辰巳

プロレス歴:新日本(S47年〜S48年)・フリー(S48年〜H12年)
・WWSプロレス(H12年〜現在に至る)

主要タイトル歴:ウエスタンステイツヘビー級選手権(対ドリー・ファンク)
、ウエスタンステイツプラスナックル(対テリー・ファンク)
、世界プラスナックルヘビー級選手権(対大仁田厚)
・世界プラスナックルタッグ選手権、ノースアメリカンヘビー級選手権
、セントラルステーツヘビー級選手権(対ハリー・レイス)
、WWSワールドタッグ選手権、WING認定世界タッグ選手権
、バーブドワイヤーストリートファイト世界6人タッグ選手権
、大日本認定世界デスマッチヘビー級選手権(対松永光弘)
その他数々。

スポーツ歴:大相撲、柔道、スキー、ボウリング、射撃。

得意技:ポーゴドライバー、チェーン絞首刑、ダイビングヘッドバッド、火炎殺法

趣味・特技:美味しい料理をみんなに食べさすこと。

ライバル:俺様自身

テーマ曲:「スタフォロスの戦い」

抱負:残り少なくなってきたレスラー生活を最高に燃焼させて、悔いのない人生を送りたい

寸評&備考:極悪大王は今なお健在。
学生時代は柔道に打ち込み、S47年大相撲を経て
新日本プロレス入門、デビューも単身渡米。
アメリカは中西部、テキサスからプエルトリコ
など海外を長期に渡り転戦。
90年大仁田厚とのFMWでの抗戦を機に日本マット定着。
鎖鎌を始めとし次々と武器を考案使用。
「デスマッチの帝王」と呼ばれる。
97年には大日本プロレスのマットを襲い
更にパワーアップ。
フリー」を経て2000年5月に地元・伊勢崎市民体育館で
WWSを旗揚げし、現在に至る。また、2008年5月、電子書籍店ミルホンネットより、『ある極悪レスラーの懺悔』の刊行開始。この自叙伝は講談社の目にとまり、2009年3月にダイジェスト版が『ある悪役レスラーの懺悔』として出版されることになる。
同じ2009年3月には、ミルホンネットにより2作目となる『ブルーザー・ブロディ評伝 超獣の真実 暁に蘇れ』を刊行した。







WWSの紹介

|戻る|